Ad Enterprise INC.
TOP 会社概要 事業概要 提携WEB LINK お問合せ
 
 
インターネット動画広告について

 インストリーム広告

Youtubeなどの動画サイトで配信される従来のバナー広告よりも大画面で表示できるタイプの広告。音声がデフォルトでON。2015年6月現在、主流の動画広告フォーマット。


インストリーム動画広告の中でも、ユーザーが視聴する動画コンテンツの前に再生されるタイプの広告を「プリロール動画広告」と呼ぶ。



インストリーム型が登場した当時は、プリロール広告が多かったが、2015年現在では、動画の視聴中・視聴後に流れる広告も増えている。


動画広告表示後、数秒後にユーザーが視聴選択できる「スキッパブル広告」と、強制的に視聴させる「ノンスキッパブル広告」があり、ノンスキッパブルではTVCMと同じ尺(15秒)がほとんど。一方、スキッパブルでは1分30秒〜数分の動画広告も増えており、動画広告のブランディング活用が進んでいることを感じさせる。
  ■ インバナー広告

従来のバナー枠に配信されるタイプの動画広告(インディスプレイ広告とも呼ぶ)。基本的に音声はデフォルトでOFF。


動画DSPなどでプログラマティックに配信されることが多い。


リッチメディア配信に強みを持つ3PASでは、このインディスプレイ型広告に“マウスオーバー2秒でエキスパンド表示”など、インタラクティブな要素を加え配信できるものもある。
  インリード広告

3つの動画広告フォーマットの中では、最も新しい動画広告のフォーマット。


ユーザーがWebページをスクロールして動画広告が画面に表示されたら動画が再生されるという仕様の広告。インリード広告とも呼ぶ。


ユーザーがWebページをスクロールして動画広告が画面に表示されたら動画が再生されるという仕様の広告でメインコンテンツ中にあることが条件。単にスクロールして表示される広告はインスクロール広告と呼ばれる。


スマートフォン向けプロモーションを中心とした活用が期待される。

   NEWS



過去のお知らせ


Ad Enterprise INC.
TOP 会社概要 事業概要 提携WEB LINK お問合せ
Copyright (c) 2016 Ad Enterprise INC. All Rights Reserved